• 2018.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.09

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マリオオデッセイ序盤感想

最近思うことがあります。
ゲームがつまらなくなったな、と。
これは別にゲーム側のせいではないのだと思います。
面白いゲームはきっと出ているのでしょう。
しかしゲームを受け取る自分自身が慣れてしまった、飽きてしまった。
端的に言えば歳を取ったせいなんだなぁと。

スーパーマリオオデッセイのPVを見たとき、
「なにこれめっちゃ面白そう! 久々にアクションどっぷりやるかー」
みたいな感想を抱きました。
オデッセイのためにNintendo Switch手に入れたようなものだったし。
でも昔のように家帰ったら即電源つけて「よっしゃプレイするぜー!」という心境にならない。
実際、まだ2回しかコントローラーを握っていない。
なんだかそこまでやる気が起きないのです。

マリオ64、サンシャイン、ギャラクシーと3Dマリオゲームをやってきた世代にとって、マリオゲームが面白いのはもはや「当たり前」になってしまい、元からハードルが上がってしまっていることも確かです。
オデッセイも「帽子を投げる」というギミックは追加されたけれども、やることは基本一緒。
むしろ今まで通りにスムーズにマリオを動かせるという点では、とても自然です。
コントローラーやボタン配置は変わっているはずなのに、特に意識せずとも幅跳びもバック宙もできる。
“思い通りに操作できる”のはすごく快適です。
けれどもそれ以上の進化は特にない。

特に思ったのがボス戦。
5匹のウサギとそれぞれ1回ずつ戦ったところですが、どれも攻略法がワンパターン。
帽子を投げて動きを止め、踏む。
基本これだけ。
とにかくYボタンを押しまくって近づいて踏むだけ。
たとえばマリオ64では相手をつかんで投げ飛ばしたり、隙を見てヒップドロップしたりと様々なアクションを駆使して倒す必要がありました。
しかし今回は本当に踏むだけ。
それも“動きを止めて、決め技で倒す”というのはマリオというよりゼルダ的感覚に近い。
ゼルダの場合は決め技が『剣で斬る』というアクションなので格好つくのですが、マリオだと『踏む』というなんだかあまり見栄えしないアクションなのでなおさらテンションが上がらない。
もしかして後のステージではバリエーションが増えていって踏むだけではなくなるのかもしれませんが、現段階ではあまりにもワンパターン&弱すぎてボス戦が一番つまらない。
おまけにボスのウサギが最高にかわいくない

もうひとつわくわくしない点の原因となったのは、3ステージ目となる砂漠の国。
1ステージ目の帽子の国はプロローグ、次の2ステージ目はどういったゲームなのか知るという意味合いを持つとして、実質3ステージ目からが本番です。
つまりゲームが一番面白くなる肝の部分だと思います。
なのにたどり着いた先は、だだっ広く何もない肌寒い砂漠。
まずBGMがない。街に近づかないと環境音のみという寂しい空間。
そしてだだっ広い。広いのではなくだだっ広い。砂地だけの場所が延々と続く。
砂漠の景色は好きなはずなのに、この砂漠は好きになれない……
なんというか箱庭ゲームでよくある『マップ端っこは作り込んでいないため、ひたすら平原が続いているだけ』の景色に酷似しているのです。
たとえば宇宙船が到着する場所が街に近かったり、すぐ側に住民がいたり、陽気なBGMでもかかっていれば少しは印象がちがったのかもしれません。
でもとにかく“寂しい”という第一印象になってしまったため、ゲーム自体に対する期待度が下がってしまいました。

現在は砂漠→水→森のステージと来て途中で止まっています。
今後はのんびりプレイしようかな。
とりあえず カメかわいい!!
結局のところ、
カメがいればあとはどうでもいい!!!!


(毎度のことながら文句しか書いてない気がするので言っておくけど、オデッセイはいいゲームだよ!!)
スポンサーサイト

| ゲーム語り | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Live2Dはじめました。

Live2Dなるソフトを仕事で扱うことになりました。
2Dで描いたCGを動かして3Dっぽく見せるソフト、みたいなものです。
最近あれなCMのソシャゲ界隈で見かける、キャラがぐりぐり動くあれだね!
せっかくだから、俺はこのLive2Dで遊ぶぜ!
というわけで勉強がてら作ってみました。

 READ MORE

| 雑記 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソシャゲでログホラ

ログ・ホライズンのアニメが終わってしまいました……。
うおおおっ、寂しいよ~!
そんなアニメと入れ替わるように、ブラウザゲーム『新たなる冒険の大地』が公開されました。
公開時期がびろびろ延期するわ、公開時にいきなり接続できなくなるわで不安な駆け出しでしたが、現在では接続エラーもなく快適にプレイできるようになりました。
バグっぽいものや不満点も散見されますが、きっとアップデートで改善してもらえると信じています。
私はログホラを続けるよ!

▼チュートリアル画面。カーソル画像に愛を感じた。
ロデ棒

メインクエストのストーリーはオリジナルで、アニメで言えば第一シーズンと第二シーズンの間に入る時期の内容です。
プレイヤーは大災害に巻き込まれた冒険者。
自分のギルドを打ち立ててやろうとの野望を胸に、アキバへ向かったそうです。
ユーザーみんなギルマスになるため、他のギルドに入ることはできません。
実質、ギルド制度はありません。フレンドだけ。それも10数人ですぐMAX人数になるというみみっちい制限があります。
おかげでフレンド申請しようとしても、相手の人数が制限度いっぱいで申請できないことがほとんどでした。

ストーリーはアドベンチャー式に立ち絵とセリフで進行していきます。
オリジナルキャラクターも登場しますが、いい感じに馴染んでいるのでストーリー自体は楽しめます。
ただ、図体のデカいキャラだと立ち絵が微妙に潰れているのが気になる。
▼線がガッタガタだよガッタガタ!
つぶれた直継やん

同じ現象がガチャでも起こってましたが(入手した武器の画像がガタガタ)、今は改善したのかガタガタじゃなくなってました。
立ち絵のほうも直ってるのかな。
ストーリーを進めるところまで進めてしまったので、確認のしようがない。
早く過去のストーリーを閲覧できるようにならないですかね。

戦闘はターン制のサイドビュー。必ずこちらが先制できます。
特技は最初から使える状態で、一度使用すると次に使用できるようになるまで時間がかかります。
連戦する際に“リキャストタイムは引き継ぐのに補助効果は引き継がれない”仕様のため、ある程度特技を温存しながら戦う必要があります。
特に最後にボス戦が控えている時は。
メインクエストではどこでボスが出る戦闘か判断つかないため、初見クエストではびくびくしながら戦っておりました。
キャラクター育成にも限度があるため、「レベルを上げて物理で殴ればいい」法則は使えない。
武器で強化できるプレイヤーキャラはまだしも、パーティーキャラはアクセサリーで底上げする程度しかできないので、ランクMAXになるとそれ以上は強くなれません。つらい。
盾役のトウヤより回復職の主人公のほうが耐久力高いってなんなの。

強いキャラはガチャで引いてね、ってことだと思うんですけど、それにしたって主人公とそれ以外キャラの強さの差がハンパない。
攻撃 = 主人公:5ケタのダメージ その他:4ケタ、下手すると3ケタ
防御 = 主:必殺攻撃以外ではまず死なない 他:3~4回くらうと撃沈
アタックするのもヘイト集めるのも回復使うのも主人公の特技使うのが一番手っ取り早い。
もう主人公一人でいいんじゃないかな……

戦闘中のグラフィックはキャラクターがぬるぬる落ち着かなく動いているのがかわいいですね。
モンスターもそわそわぬるぬる動くよ!
おっさんキャラだろうが性悪キャラだろうが、勝利すると「ヤッター」っていい笑顔になるのがほほえましい。
攻撃モーションが一つしかなく、通常攻撃も特技も同じ動きしかしないのがちょっと寂しいです。
効果音がまったくないのはすごく寂しいです。

モンスターの名前はもうちょっとなんとかならなかったんですかね。
トカゲモドキとか、鳥モドキとか。
なにそのスッポンモドキみたいな名称は。
原作にそういうモンスターがいるのでしょうか。
しかも鳥モドキがいる上に“ライチョウモドキ”なんてモンスターもいる。
ライチョウも鳥じゃないんか。鳥モドキにライチョウモドキは含まれないのか。ライチョウは鳥と認めないのか。ライチョウモドキ以外の鳥は全部鳥モドキなのかややこしい。

一番お気に入りなのはプレイヤーキャラの見た目がかわいいこと。
どの種族もみんなかわいい。
若々しいのばかりなのが物足りない気もしますが。
職業によって見た目も変わるんだぜ!
いやっほぅ猫かわいいよ猫。
見習い剣士新米盗賊
初級神祓官

逆に職業があまり自由に選択できないのがガッカリ度高いです。
新しく職業を取得するのに必要なJPがたまりにくく、初期で選べる職業も8つしかない。
説明を見るに、上位互換の職業があるようですし。
それと、装備武器の違いがないに等しいのもなぁ。
職業ごとに装備できる武器が異なるだけで、作業的にはパラメーターの高い武器を選択すればいいだけ。
剣だろうが杖だろうが特徴という特徴はないため、好きな武器を選ぶ楽しさはありませんでした。
弓矢で遠距離からばんばんやりたかったのになぁ。

現在は絶賛イベント開催中で、にゃん太班長入手のために頑張ってます。
招待IDをバラしておきますので、よろしかったら入力してね! よろしくなくても入力してね!!
[ jEQAKuZxQU ]

とりあえず好きなキャラを入手するまでは続けるんだ……。
カラシンさんとか、若旦那とか、第8商店街のギルマスとか。

| ゲーム語り | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラリーでラリーしようぜ!

マリオカート8は買って良かったと思う。
本当に良かったと思う。

え?
何?
レース中にミニマップが表示されない?
おかげでコースが分からない?
対戦相手の位置や順位も分からない?
それどころかタイムも分からない?
コイン制?
コースが短い?
キャラが使いまわし?
グランプリの表彰式がない?
二面分割が縦になったせいで障害物が避けづらい?
レース後のカーソルが「次のレース」じゃなく「ハイライト」になってる?
ていうかハイライト推し強すぎ?
反重力見せつけがましい?
そもそも反重力とかどうでもいい?

だあああああああ!!
そんなの!!
取るに!!
足らない!!
ことです!!!

カメかわいいよ!!!
メチャかわいいよ!!!
レミーっていつからあんなちっこくなったんだよ鳥みたいじゃないかかわいいよ今までラリーが好きだったのにレミーばっかり使うようになっちゃったよかわいいよしかしなぜクッパやモートンの重量級カメからシッポを消し去ってしまったんだみっともないかわいいよクラクションが7匹全員同じとか手抜きかよかわいいよ!!!!!

まあでも……
今回のキャラセレクトはたしかにカメに偏りすぎてるよね!
カメとベビーばっかりだね……。

| ゲーム語り | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

500円でできるケイバ

3DSでDL販売されている『ソリティ馬』
ソリティアと競馬ゲームが合わさったもので、想像してたのより面白いですね!
お値段なんと500円ですよ。ワンコインだぞワンコイン。
なのであまり期待していなかったのに、
なんだかんだで気付くとプレイしています。

グラフィックを見た限りでは、ほのぼのした雰囲気のゲームなのかな
と思っていましたが、あんまりほのぼのしていなかった。
新人ジョッキーの主人公は「ダービーで優勝したい!」という夢を持っています。
お馬さんを調教しようとしたところ、
いきなりけっとばされて踏み潰されてあの世へご招待されてしまいます。
いきなり大ピンチですよ……
ほのぼのしてる場合じゃないですよ……
ギリギリのところで、夢を叶えることを条件に神様に助けてもらうのでした。

ストーリーだけかいつまんでみると暗そうですが、
始終明るいテンションが漂っています。
キャラクター同士の掛け合いが漫才のようで面白いです。
▼たとえば先の神様との対面時
“夢を叶えれば無事に生き返れる! でなけりゃ地獄!”と
条件をつきつけられたときの会話
主人公「ぼくの夢は実家の農園を継ぐことだから大丈夫!」
(女性主人公の場合はおよめさん!)
神様「ダービーだろダービー」

体験版から始めたのですが、トランプをはっつけた馬が親切丁寧に時々毒舌にチュートリアルを進行してくれます。
長いし説明多いしでダレそうになりますが、
実際やってみるとそんなに複雑に感じません。
とにかくカードを取ればいいんだよ!!
そんな感じ。ちがうか。

一番の難点は、古馬で3敗したら強制に引退させられることでしょうか。
どんなに勝利数を重ねていようと、運悪く勝てなかっただけだとしても、
3回負けたらレースに出られなくなってしまいます。
引退すると牧場に入って繁殖できるのですが、
牧場の空きもそこまで数が多くないので
古馬を育てるのに躊躇してしまいます。

また、お助けアイテムが高い。
最初は3万とか5万だったアイテムが、
あるとき突然100万とか200万にはねあがる。
とはいってもアイテムはものによっては強力なので相応のお値段ではあります。
逆に“強運グローブ”というソリティアがめちゃくちゃやりやすくなるアイテムが
値段の割りには超強力です。
連続した数字が出るので、効果が出ればもう勝ったようなもの。
オールパーフェクトも夢じゃない。※ただし長距離は除く

ゲーム性が面白いのはもちろん、
妙にリアルに走るかわいいお馬さんを見ているだけでも癒されます。
自分が購入したすぐ後にセールが開始され、
500円どころか200円台まで値下げされてたのを見たときは
なんか悔しかったけど。
いいんだ。良ゲーだから多少高くたっていいんだ……

| ゲーム語り | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。